頭皮に良いシャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方が頭皮トラブルをなくす

毎日洗う頭皮。
ただシャンプーで洗えば良いというものではなく、正しいやり方で洗わないと、頭皮は結局は汚れたまま…これでは老廃物が溜まって抜け毛や薄毛などの髪のトラブルが多発するようになります。
シャンプーのやり方というのは、それだけ大きな影響を持っているのです。

では、どんなシャンプーのやり方が正しいというのでしょうか?

それは、爪を立ててゴシゴシと洗わないことはもちろん、使うシャンプーも頭皮にあったものを選ぶようにすること。
ただ単に洗浄力だけで選んでしまうと、それが頭皮にとっては大きな負担となることもありますから要注意です。
シャンプーのやり方はもちろんのこと、シャンプー自体も見直す事で頭皮の環境を良い方向に変えて髪のトラブルを減らす事になるのです。

正しいシャンプーのやり方

①シャンプー前にはブラッシング

髪にはその日の汚れが付いています。
ホコリや皮脂など…意外とたっぷりと付いていますので、それをブラッシングすることである程度取り除いておきます。
そうする事で髪のほつれなどもなくなり、汚れがある程度取られているので、シャンプーの泡が行き届きやすい状態になります。
ブラッシングでは落としきれなかった汚れも、しっかりと落とす事ができるのです。

②ぬるま湯で洗う

熱いお湯が好きだ…という人はご注意!
熱湯は頭皮にとって大きな負担となります。
頭皮の乾燥をひどくし、それによる皮脂の過剰分泌を招く事になるのです。
シャンプー時のお湯の温度は38度前後にし、「ちょっとぬるいかな」と思うぐらいが良いです。

③シャンプーの前に素洗い

シャンプー剤をつけて泡立てる前に、お湯で洗います。
指の腹を髪の毛の間に入れて、軽く動かしながら素洗いをおこないます。
ただお湯を頭にかけたところでは、意外と頭皮まで濡れきっていないことも多く、
お湯によってピッタリとくっついた髪で汚れが下に落ちにくくなっていることもあるのですから、
しっかりと髪の間に指をいれて洗う事で、髪についていた汚れの8割は取り除くことができるようになります。

④シャンプー剤は手のひらで泡立てる

シャンプー剤を直接、髪もしくは地肌につけて洗うのはNG行為
刺激が強すぎてかぶれなどを起こしてしまう事もありますし、
一部だけシャンプーがべっとりと付いてしまい、十分に洗い流せないまま終わってしまう事もあるのです。
シャンプー剤を手のひらにとったら、軽く泡立ててから使うようにします。
もちろん、使いすぎにも注意!
多すぎるシャンプー剤は洗い残しの原因になり、髪にトラブルを引き起こすこととなります。

⑤マッサージしながら洗う

頭皮ケアとして有効なのが、マッサージです。
指の腹を使ってやさしく揉みほぐしますが、シャンプー時は摩擦が低減している絶好のチャンス。
やりやすくなっているといえるでしょう。
マッサージをおこなう事で頭皮の血行を活性化させますので、抜け毛予防にも良い効果を期待することができます。
それだけでなく、毛穴の汚れもしっかりと取り除くことになるのです。

⑥すすぎはしっかりと

シャンプーの成分が地肌に残ってしまうと、かぶれや毛穴のつまりの原因となってしまします。
トラブルの元にしないためにも、すすぎはしっかりと念入りにおこなうようにします。
シャンプー後のすすぎをしっかりとおこなうことで、頭皮を理想的な状態へと仕上げるのです。